飯田市以外の水引の産地は?|水引紐と水引細工の2種類の産地

【初心者さん向け】絹巻水引A,Bセット

水引梅結びのバナー

在庫販売品以外の水引梅結びバナー

水引の産地「長野県飯田市」で水引関連商品の自社企画・製造・販売(通販)する老舗水引屋・大橋丹治(株)の5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

「水引の産地って飯田市以外にもあるんですか?」
という質問をお客さんからされることが時々あります。

ですので今回は、水引の産地について述べていきたいと思います。

まず、水引の産地といっても2種類の側面があると思います。

2種類の水引産地

水引紐の産地と水引細工(水引飾り)の産地です。

水引紐と水引細工
左が水引紐、右が水引細工です。

水引紐の産地

水引紐(水引そのもの、水引素材、生水引)の産地と言えば、長野県飯田市の他に四国の愛媛県四国中央市が挙げられます。

水引紐の産地は2か所であるという人もいますが、私の知る限り、京都でも水引紐を作っている会社が1社あります。

1社ですので産地と言えるのかという疑問はありますが、水引紐を作っている地域はそんな感じです。

また、加賀水引という名称は有名ですが、石川県金沢市は後述する水引細工(水引飾り)の産地であるということは間違いありません。

一方、水引紐の産地としてはどうでしょうか?

飯田の水引紐を仕入れて、その上にさらに加工した独自の水引紐を作る会社さんは存在しています。

さらには近年、独自の色の絹巻水引を開発して販売している会社さんもあります。

そういう意味では石川県金沢市も水引紐の産地であるともいえるかもしれません。

水引細工(水引飾り)の産地

次に、水引細工の産地を考えていきましょう。

水引紐の産地で述べた地域はすべて水引細工の産地でもあります。

  • 長野県飯田市(飯田水引)
  • 愛媛県四国中央市(伊予水引)
  • 石川県金沢市(加賀水引)
  • 京都(京水引)

上記にプラスして福岡県福岡市も水引細工の産地として博多水引として挙げられると思います。

水引協同組合がある地域は?

上記の5つの産地で水引(関連)の組合があるの地域を調べてみました。

3つの組合が存在していました。
(ネットで調べた限りですので上記以外にも存在している可能性もあります。)

京都にあるのは結納組合ということで「水引」という名称は使われてませんが、
参考までに記載しておきます。

水引産地のまとめ

水引の産地について述べていきました。
水引紐の産地でいうと3(or 4)地域、水引細工の産地でいうと5地域、
水引協同組合がある地域は3地域ということになります。

水引の産地に関する問合せ先

水引細工・飾り結びで作るプレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(月~金 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)

⇒お問合せフォームはコチラ

(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2018年8月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA