水引紐で馬をデザイン 淡路(あわじ)結びを応用して製造

水引あわじ結びを応用して作った
馬をギフト用和風ラッピング用品として
自社企画・製造・販売(通販)する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

牛を水引で表現して欲しいという
依頼を過去に頂きまして、
牛を製造する過程で
馬にも見えるデザインということで
紹介した結びがあります。

あわじ結びを変形して作った牛結び 

右が馬でして、真ん中と左は
牛になります。

牛は和牛屋さんから注文を
頂きまして、好評を得ております。

⇒和牛屋さんのギフト用和風包装資材に作った水引「牛」結び

「馬」結びの方はしばらく日の目を
見なかったのですが、
サンプルの依頼を頂きました。

過去の水引「馬」結びをちょっとアレンジ!?

当社の売れっ子!?w職人のH谷に
サンプルを1個作ってほしいと
上記の馬結びをお願いしたところ、
「ちょっとアレンジしました」と
いうことで、より馬に見える結びが
完成しました。

水引馬結び あわじ結びの応用

水引馬結びです。あわじ結びを応用して作りました。

いかがでしょうか?

馬の耳に見えますよね?

流石、H谷です。
(^O^)/

「馬」も「牛」も淡路(あわじ)結びを応用して…

今回の馬は(牛もそうですが)
水引結びの基本である
「あわじ結び(淡路結び、鮑結び)」から
作っております。

牛結びは和牛屋さんから注文を頂きましたので
全国の馬肉屋さん、馬刺し屋さん、
いかがでしょうか?!

良い出来ですので日の目を見てほしい
動物シリーズです。

馬は十二支だから、午年にちなんだ
商品として使えそうですが…。

次の午年は2026年…。

まだ先ですね。(^_^;)

馬刺し、馬肉のみならず
馬に関する商品を扱いの皆様>
是非、ギフト用和風包装資材として
馬結びのご利用いかがでしょうか?

お問合せ、ご質問、お気軽にどうぞ!

過去の牛の他に水引で作った
動物シリーズです。

⇒猫を水引細工で表現

⇒犬を水引飾りで表現

⇒鶏を水引細工でデザイン

⇒豚を水引飾りでデザイン

⇒蛙を水引でデザイン

⇒鶴を水引飾り結びで表現

⇒亀を水引の箸置きとして活用

水引「馬」結びや動物の水引細工の問合せ先

水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(月~金 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2018年6月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA