ゴムを水引梅結びに自分で取付する方法|目打ちを使い通し易く

ゴムを御自身で取付も可能な水引梅結びを自社企画・製造・販売(通販)する老舗水引屋・大橋丹治(株)の5代目大橋丹治です。

最近の傾向として、ゴム無しの水引梅結びを購入して頂いて、御自身でゴムを取付する、縛り付けするというお客様が徐々に増えてきております。

それに伴い、ゴムの取付のやり方の細部に渡る質問も増えてきました。

過去に縛り付けする方法とそれに関連したブログ記事を書いておりますので参考までにご覧ください。

⇒水引梅結びへのゴムの縛り付け方一覧

上記リンク先には記載していない内容を今回を述べていきたいと思います。

弊社で在庫販売してお売りしているゴムは梅結びの隙間に対して、若干太いのでベストなゴム紐ではないと思っております。

⇒弊社の取扱いしているゴム紐をお薦めしない理由

ですが、時間もないため、ベストではないけど、弊社の扱うゴム紐で梅結びに取付したいという方もいらっしゃいます。

ゴム紐を梅結びに取付する際に便利な道具は?

その際にお薦めな道具あります。

それは、「目打ち」という道具です。
大手の100円均一ショップでも販売してますし、手芸店にも販売していると思います。

「目打ち」を使い、梅結びの隙間を広げます。
「目打ち」を使って梅結びの隙間を広げると若干太いゴムも通し易くなります。
「目打ち」を使いゴムを通せました。

以上の画像のように「目打ち」を使うとより簡単にゴム紐を水引梅結びに通すことができます。

その他、ゴム紐を梅結びに取付する方法についてご質問があれば、お気軽にご連絡ください。

⇒ゴム無しの水引梅結びの通販・販売ページ

⇒ゴム紐の通販・販売ページ

水引梅結びにゴムを取付する方法のお問合せ先

水引細工・飾り結びで作るギフト用和風包装資材の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(月~金 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)

⇒お問合せフォームはコチラ

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA