水引梅結びの和風包装資材を買うならココ!「絹巻水引」「梅結び」「あわじ結び」から「オリジナルの水引細工」までお客様のご希望にお応えします!明治元年より創業150余年の実績。年間14万個以上を製造できる圧倒的な内職さんの人数で、御社のギフト商品に品格をプラスする水引飾りをお届けいたします。
 

和風ラッピングで使用したゴム紐付の水引梅結びの2次利用方法 髪留めに

こんにちは。
5代目・大橋丹治です。

おかげ様で、和風パッケージ(ラッピング)を製作する上で
水引を利用したいという問合せを沢山頂いております。

ありがとうございます。

和風パッケージ(ラッピング)の中で、一番人気がなんといっても
“水引結び・梅(ゴム付)”です。

そしてお客様より前から多い提案というかご指摘が、
この“水引結び・梅(ゴム付)”ってうまく2次利用できないの?
というものです。

以前のブログでも2次利用について2回にわたり書いてますが、
コチラ と コチラ
一番、和風パッケージ(ラッピング)の2次利用として
良い感じなのがこの“髪留め”ではないでしょうか?

↓なでしこジャパン風に髪留め
水引結び・梅(ゴム付)2次利用髪飾りなでしこジャパン風


↓ちょんまげ風に髪留め
水引結び・梅(ゴム付)2次利用髪飾りちょんまげ風 

↓斜め後ろで髪留めにして和風パッケージ(ラッピング)を2次利用
水引結び・梅(ゴム付)2次利用髪飾り頭上


↓後ろで髪留めして和風パッケージ(ラッピング)を2次利用
水引結び・梅(ゴム付)2次利用髪飾り後ろ髪

ちなみに“水引結び・梅(ゴム付)”を髪留めで2次利用しているモデルは
私の従弟の娘さんです。

水引は商品の性質上、紙を紙縒って(こよって)製造してますので
どうしても水に弱いです。
 “水引結び・梅(ゴム付)”も例外ではなく、 濡れるとぐちゃぐちゃ
になってしまうのが弱点です。
この“水引結び・梅(ゴム付)”を髪留めで使う際はご注意ください。

和風パッケージ(ラッピング)で使用した“水引結び・梅(ゴム付)” を“髪留め”
に2次利用するのは良いアイデアですね!

また、これ以外にも、和風パッケージ(ラッピング)の何か良い2次利用の
アイデアがありましたら、ご連絡ください。
写真の“水引結び・梅(ゴム付)”を贈呈致します!!

勿論、和風パッケージ(ラッピング)としての“水引結び・梅(ゴム付)” の
2次利用ではなく、髪留めとしての発注もありですよ!!

2013年7月26日

ページトップへ