水引梅結びの和風包装資材を買うならココ!「絹巻水引」「梅結び」「あわじ結び」から「オリジナルの水引細工」までお客様のご希望にお応えします!明治元年より創業150余年の実績。年間14万個以上を製造できる圧倒的な内職さんの人数で、御社のギフト商品に品格をプラスする水引飾りをお届けいたします。
 

由来や歴史から考察 [水引き]と[水引]はどちらが正しい表記?

「水引き」という「き」をつける表記は正しいのか?

お客様からも質問があったので
以前も書きましたが、続編としてさらに
詳細を書いてみたいと思います。 

結論的には
「水引き」も「水引」もどちらも正しいと
以前のブログで結論づけております。 

その理由についてさらに突っ込んで書いてみました。


下記は、以前書いたブログ記事となります

とある客観的データからも分析をしております。
[水引き]と[水引]では20倍もの開きがありました!




公開日:2017-03-21

ページトップへ