水引梅結びの和風包装資材を買うならココ!「絹巻水引」「梅結び」「あわじ結び」から「オリジナルの水引細工」までお客様のご希望にお応えします!明治元年より創業150余年の実績。年間14万個以上を製造できる圧倒的な内職さんの人数で、御社のギフト商品に品格をプラスする水引飾りをお届けいたします。
 

[水引き]と書くのは正しいか? [みずびき]と読むのは?


本日はマニアックな内容です。

ご祝儀袋についている[水引]。
あわじ結びと花結びのご祝儀袋

 [水引き]と[水引]。
どちらが正しい表記だと思いますかか?

また読み方は
[みずびき]と読んでもいいのでしょうか?

yes or no


結論的には

[水引]、[水引き]どちらが正しいとも間違っているとも言えません。

(^_^;)

その理由を下記に記述しました。

⇒水引屋大橋ブログ [水引き]と書くのは正しいか?


上記のリンク先のブログ記事を書いた当時(2016年)は
問合せを頂く際、「<みずびき>に関しての質問ですが」
と<び>で発音される方も結構いらっしゃいました。

ところが現在(2018年)では「みずびき」と発音される
方はほとんどいらっしゃいません。

それだけ「みずひき」という発音が一般的になって
きたようにも思えます。

また「静かなる水引ブーム」の影響も多少なりともあるか
と推測しており、それによって「みずひき」と「び」では
ない発音で言われる方が多くなっているのかな?、とも
思っています。

あと[水引き]に関して言えば、このあたりの飯田の
水引業者さん、会社さんはもちろん、
その他の水引産地の業者さん、会社さんも
[水引き]ではなく、大抵の方が[水引]と
記載すると思います。

参考ブログ

つまり昔から水引に携わっている方は[水引]と
記載して、比較的最近、水引に携わるようになった
水引作家さんや企業さんで[水引き]と
記載している方を目にすることがあります。

その証拠に「水引き」とグーグルで検索すると
上位表示されるのは、水引産地で古くから水引に
携わっている会社さんではないサイトになります。

「水引き」<「水引」

ただ、決して[水引き]と書くのが間違いという訳では
ありません。

続いては、更なる客観的データを元にも論じていきたいと思います。

[水引き]と[水引]の検索数は?


とあるツールで月間の検索数を調べてみました。
(2018年7月現在)
あるキーワードが1か月でどのくらい検索されているか?
を調べるツールです。

まず、[水引き]の検索数です。

「水引き」の月間検索数

続いて[水引]の検索数です。

「水引」の月間検索数


わかりやすくヤフーの検索数でアバウトな数字で
考えみましょう。

[水引き]が約1,500、[水引]が約30,000。

つまり両者には20倍の違いがあります。
[水引き]より[水引]の方が圧倒的に検索されている
のが分かります。

世間一般で考えると[水引き]ではなく[水引]という
表記の方が浸透していると言えるのではないでしょうか?

注:今回、検索数を調べたツールです。

・その他の[水引]関連記事

博学で知られる地元の社長曰く、水引きの語源は
古事記にあるとか?
古事記イメージイラスト

諸説ありますが、水引の始まりは遣隋使!?
遣隋使の小野妹子

「結び」にも意味や由来があります。
「結界」という言葉に代表されるように....
水引結びのイラスト


公開日 2016-09-26

ページトップへ