水引梅結びの和風包装資材を買うならココ!「絹巻水引」「梅結び」「あわじ結び」から「オリジナルの水引細工」までお客様のご希望にお応えします!明治元年より創業150余年の実績。年間14万個以上を製造できる圧倒的な内職さんの人数で、御社のギフト商品に品格をプラスする水引飾りをお届けいたします。
 

ヤクルトさんからのお仕事

ヤクルトさんからお仕事を頂戴致しました!
国内外から約560名が参加した
「第7回ヤクルト代田カンファレンス」の記念品に
水引で「和」の文字を作り、装飾としてパッケージに使用しました。
その水引飾りを弊社で製造させて頂きました。
ヤクルト和文字.jpg

これは扇子を入れる箱です。
箱を開くと、何故、水引が使用されているのかその理由が
記載されております。
ヤクルト和文字蓋明け.jpg
本文をそのまま記載しますと
【「水引」は、贈答品などにつけられる和紙で作った飾り紐で、
冠婚葬祭の際に目にする日本の伝統的風習のひとつです。
現在、全国の水引の7割は代田 稔博士の郷里である
長野県飯田市で作られ、代田 稔博士の生家もかつて
水引問屋を営んでました。金色の「和」の水引は、今回の
ために、特別に飯田市の工房で作っていただきました。】

そうです、よくCMで聞く「L.カゼイ・シロタ株」のシロタは
ヤクルトの創始者の代田博士のことで、飯田出身の方なんですね。

というご縁から今回のお仕事を頂きました。

和の文字を水引で表現するというのは、思いのほか困難で
何度も試作をしました。

弊社の職人の頑張りもあり、満足のいくものができました。
ヤクルト和文字製造.jpg

こういった大企業からお仕事を頂けるのも、こうやって
ブログで情報発信しているからだと思います。
有難い限りです。
2012-11-22

ページトップへ